銀行系キャッシングとは

2013.6.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

大手の銀行や銀行の子会社、銀行と同じグループ内の消費者金融会社が行っているキャッシングサービスが、銀行系キャッシングというものです。銀行が取り扱っているキャッシングには、三井住友銀行のカードローンやスルガ銀行のダイレクトエースがあります。アットローンやDCキャッシュワンというのは、銀行と同じグループや子会社が行っているキャッシングの代表です。

 

銀行系という事はからイメージとしては、多くの人が手堅く信頼性が高く、安心感があるというように思うでしょう。特に初めてのキャッシングは何かと不安なものです。安心できるところから融資を受けたいという人は多いようです。銀行系キャッシングは利用限度額が高く、金利が低い傾向があります。返済金額を低く抑えたいとい人にとって低金利であることは、金利は利息に反映されますので大切なことです。

 

消費者金融系や信販系でも低金利の金融商品が、最近では出始めているといいます。絶対に銀行系だけが低金利の融資を受けることが可能とはけっして言えません。傾向として審査が厳しめで時間がかかる傾向があるという点は、銀行系キャッシングで気を付けるところです。他の金融機関から既に借入をしている人や、収入が一定していない人などがいるでしょう。銀行系キャッシングの場合は審査の段階で断られるかもしれません。

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。